FC2ブログ
純文学漫画//文学として、様々な漫画を読んでいきます。 そこに込められた作者の思い。 それを読む読者の思い。 たかが、漫画。されど、漫画。
2006/12/27 (Wed) 純文学漫画 第14回 ジョジョの奇妙な冒険
ジョジョの奇妙な冒険 (1) ジョジョの奇妙な冒険 (1)
荒木 飛呂彦 (1987/08)
集英社

この商品の詳細を見る

純文学漫画 第14回 ジョジョの奇妙な冒険
映画公式サイトはこちら
http://www.jojo-movie.com/



数を数える事はとても大事なことです。
"1に1を足すと2になる"
それを発見した人はどんなに偉大な人なのでしょうか?

ジョジョの奇妙な冒険(以下ジョジョ)は、現在7部まで出ています。
個人的に一番読み応えがあるのは第4部ですね。
日常に潜む『悪意』という描写が好きですね。
そして、一番嫌いなのも第4部ですね。
1~3部までにあった、
”もしかしたらこういう事もあったのかも?”
という感じが、無くなるのですね。
それは、モリオウチョウという町の設定。

それまでは、中世のヨーロッパだったりアメリカだったりと、
もしかしたら実際にこういう事があったのかも?
と思える設定でした。

そして、文学的エッセンスが乏しくなって来た時にビックリする展開がありました。
そう、有名な1巡後の世界というやつです。

この事柄によって、今まで発生した色々な事象が一つの可能性としてみる事が出来るように
なりました。

これは、アニメ『∀ガンダム』でも、見られた手法で全ての可能性を肯定しつつ
新しい道も用意しておくという長寿作品に置ける”リセット”のような物ですね。

長寿作品といえば色々とあるのですが、ここは一人の主人公を追いかけたという事で

竜馬がゆく〈1〉 竜馬がゆく〈1〉
司馬 遼太郎 (1998/09)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


これを上げてみましょう。
いわずともながな坂本龍馬は、明治維新を駆け抜けた英雄の一人です。
そのヒ-ロー性は、ジョジョに匹敵する物があるのではないでしょうか?
どちらの作品もボリュームはありますがくどくなく読みやすい文体やコマ割りで書かれています。

あと、両方に共通する事に独特な言い回しがありますね。
”荒木節””司馬節”というやつです。

片方を未見の人は少ないでしょうが、両方を読み比べるという事は少ないと思います。
一言一言と一こま一こまを見比べて、その中に共通するヒロイズムを感じ取ってみるというのは
いかがでしょうか?
スポンサーサイト




comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

ジョジョの奇妙な冒険
Part5: ''LE BIZZARRE AVVENTURE DI GIOGIO'')は、荒木飛呂彦の漫画作品である。概要集英社の少年漫画|少年向け漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に1987年から2 //ゆうかの日記 2007/08/05 07:10

trackback_url
http://bungakumanga.blog58.fc2.com/tb.php/14-830f5708